Skip to content

Wifiを快適に利要するための機器の設置

Wifiは電波を利用して、パソコンやスマートフォン、タブレットなどのモバイル端末での通信を行います。

したがって、家庭や会社でWifiを快適に利用するためには、その性質を理解して、機器を適した場所に設置しなければなりません。まず、発信するルーターをおく場所ですが、電波は通信距離が遠くなったり、壁やガラスで隔てられると弱くなるので、受信するスマートフォンやタブレットを使う場所の近くにルーターを設置したいものです。間に家具などがあると電波は届きにくくなります。

近くに水槽がある場合も同じです。床にルーターを置くと、床面で電波が反射したりして通信が安定しません。1m~2mの高さの場所に置きましょう。次に、電波を発生する他の電気製品の近くは避けたい場所です。Wifiで用いる電波は、他の電波の影響を受けやすいため、他の電気製品の近くでは、通信が不安定になったり、速度が低下したりします。特に避けたいのは電子レンジです。

また家屋の作りの関係で、少し離れた場所や違う階でWifiを利用したい場合もあります。ルーターの電波が届く場所ならばよいのですが、届かない場合は電波の中継器を設置することで解決できます。中継器を設置する場合もルーターと同じように、電波が遮られることのない場所や他の家具や電気製品が近くにない場所を選びたいものです。このようにルーターや中継器を適切な場所に設置することで、Wifiをより快適に利用することができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *