Skip to content

Wifiルーターの通信速度が遅い原因と改善方法

Wifiルーターは無線でネット回線を接続出来るため、通常のLANケーブルを使わずに済むので利用している人も多いでしょう。

しかし無線の場合は、通信速度が遅くなってしまうという問題が起こる場合があるため、その原因や改善方法について知っておくと役に立ちます。Wifiルーターの通信速度が遅くなってしまう原因としてまず挙げられるのは、Wifiルーター側か、パソコンなどの端末側の通信規格が古くなっている場合です。

新しいパソコンを買っても、ルーター側の通信規格が古いと十分な速度が出ない場合がありますし、その逆の場合も同じです。例えば通信規格が「11g」と呼ばれる古いものだった場合は、最大で54Mbpsまでしか出ないため、それ以上の通信速度には対応出来ないというわけです。ですので、まずはルーター側と端末側の通信規格を確認した上で、どの速度まで対応しているのか確認することが重要になると言えるでしょう。

次に挙げられる、Wifiルーターの通信速度が遅くなる原因は、ルーターと端末の間に障害物があるということです。有線のLANケーブルを使う場合には起きない問題なのですが、電波を使った通信の場合は障害物によるトラブルが起こり得ます。解決策としては、まず周波数帯を変えるということが挙げられ、障害物に弱い5GHz帯から、障害物に強い2.4GHz帯に変えると問題が解消されるケースがあります。また他にも、ルーターと端末の間に中継器を設置することで、通信速度が改善される場合があると言えるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *