Skip to content

Wifiの通信速度とスピードを改善する対策

ひと昔前に比べてWifiの通信速度は改善し、一般的な用途で使う分であれば、有線LANと殆ど大差ないレベルになりました。

そのため通信速度を求めて有線LANを選ぶメリットは、一般ユーザーにはありません。常に迅速な通信速度でなければいけない方々、例えば一分一秒が命取りになる株取引をしている方やオンラインゲームに熱中している人でもなければ、あえて有線での使用にこだわる意義はないのです。家庭のWifiの通信速度は色々な理由で変化します。ワイヤレスルータと実際に使う製品の間に、広い空間が空きますと、速度低下を誘発します。

マンションでも部屋数が多く、広々とした間取りの場合、ルーターとデジタル機器の間が離れすぎて、本来であれば実感できるはずのWifiのスピードとクオリティが体験出来ません。今現在のWifiの規格は障害物に強く、木の扉や和室の襖などに阻まれても圏外になる事は基本的にないです。

しかし、壁や扉や襖などが間に入る事で通信速度が低下するのは避けられませんので、Wifiを快適に使いたい方は置き場所をよく考えて、もし障害物が多いようであれば、最も家族がネットをメインで使う部屋に置きなおしてみましょう。距離以外に、二階建て以上の一戸建て住宅の場合、機器同士のフロアが違うと電波の質が落ちます。ワイヤレスルータ自体は非常に小型で軽い製品です。リビングに置きなおしても、それ程邪魔になる事はありません。それでスピードと電波の品質が改善します。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *