Skip to content

Wifiの通信速度が遅いときの原因

Wifiの通信速度が遅いときにはさまざまな原因があります。

ルーターと端末の距離が離れすぎていると電波が届きにくくなります。障害物にも影響がありますし、さらにはドアの開閉状況によってもWifiの通信速度に影響を及ぼします。特にコンクリートや鉄は電波を遮りやすいという特徴があります。Wifiに繋がっている端末が多すぎることも通信速度への影響が出ます。ルーターに同時に接続する台数には制限があり、通常は据え置きタイプであれば10台以上、モバイルタイプであれば5から10台ほどは大丈夫です。

ところが、パソコンやスマートフォン、タブレットそしてゲーム機などさまざまな端末が同時に接続しているときには、通信速度に影響が出てしまいます。電子レンジやコードレスの電話機を使っているときには、電波干渉が起こること場合があります。家電によっては、Wifiと同じ周波数帯域の電波を発していて干渉します。自分の家だけでなく、近隣の家で周波数帯域のWifiを使っている場合には、電波干渉が発生して接続が不安定になる場合もあります。

セキュリティソフトやOSに備わっている外部との通信を監視して、許可をしていない通信を遮断する機能が働いてインターネットに接続できないなどの障害が発生する場合が発生ことも少なくありません。ルーターまたは端末に不調があるケースも考えられます。真夏などはルーターが暑さから上手く動作しないこともあります。ルーターだけでなくスマートフォンやタブレットなど端末側に不調が発生するケースもあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *