Skip to content

Wifiの通信速度が落ちてしまう原因とは?

家の中にWifiがあると、どの部屋にいっても快適にインターネットを楽しむことができます。

有線が主流だったころのことを考えると、その便利さは雲泥の差と言って良いでしょう。ところで、Wifiを快適に楽しむ上で重要になってくるのが通信速度です。当然のことながら早ければ早いほうが良いわけですが、それと同時に安定していることも重要なポイントです。しかし、通信速度が安定せず遅くなってしまうことがないでしょうか。Wifiの通信速度が落ちてしまう原因として考えられるものにはいくつかあります。

まずルーターとの距離が遠かったり、間に障害物があったりする場合です。当然のことながらルーターからの距離が遠いほど電波が届きにくくなるので、通信速度が遅くなってしまったり、不安定になってしまったりする可能性があります。また部屋のドアを開けるか閉めるかでも速度に差が生じことが少なくありません。

次に電波干渉が原因となることがあります。たとえば電子レンジを使用したり、コードレス電話をかけていると、Wifiと同じ2.4GHz帯の周波数帯域の電波を発するために電波干渉が起きてしまうことがあるのです。自分の家で使っていなくても、隣家が使用していると影響を受けてしまうこともあります。さらにルーターや端末に不具合が生じて通信速度が遅くなることもあります。たとえば夏などはルーターが熱を持ちうまく作動しなくなったり、端末に問題があってうまく電波を受信できなくなったりなどです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *